夏休みの読書感想文の本を読む時間がないときはこの方法 その1

読書感想文

夏休みの読書感想文の本選びに困っているお子さんやお父さんお母さんはいませんか。

学校からの課題には、その学年に合わせた推薦図書なんてのも紹介されているので、それらしい本を読まなくてはいけないとか思っちゃうかも知れません。
でも、そんなの関係ないと僕は思います。

どんな本でもいいんです。
その本を読んで感じたことを文字として残すことができれば、それが立派な読書感想文になるわけです。

とはいうものの、
もう数日しか夏休みが残されていない場合、本を読む時間さえない場合、どうしたらよいのでしょうか。

夏休み課題の読書感想文に困ったときに読むのはこの本
もう夏休みも終わりなのに読書感想文が残っているって、焦っているお子さんをお持ちのお父さんお母さん方は...

この記事のように絵本を読むのも一つの方法ですが、ここではもう一つの方法を説明します。
それは、

 

1.読まなくてもいい本を選べばいい

読まなくていい本って一体どんな本。

読書感想文を書くには本を読まなくてはいけないなんて、誰が決めたんですか。
実は本を読まなくても読書感想文を書く方法があるんです。

(1)読んだことのある本を選ぶ

わざわざ、夏休みの読書感想文のために新たに本を読む必要はない。読まなくても感想文が書ける本を選べばいい。
それは、
以前に読んだ本で記憶に残っている図書を選ぶことである。

読んだことのある本であれば、概ね内容もわかっているから、全部を読み直す必要はありません。自分の気になった箇所を読み返して、感想文を書けばいいのです。
これなら、読む時間がなくても読書感想文が書けてしまう。

もちろん夏休み中に1冊でも本を読んで書いてしまうのが正攻法ですし、読書感想文が課題にされる理由は、夏休みに1冊でも本を読んでもらうためだと思います。

が、

お友達との遊びに夢中になったり、部活や家族旅行、その他の勉強など、最近の子供たちは忙しいわけで、本を読む時間がないという子も少なくはありません。
なので、夏休みに本を読めなかった場合には、以前に読んだ本を思い出し書いてしまうのも一つの方法なのです。

ちょっとずるいけどね。

(2)昔話や童話、寓話を選ぶ

もう一つの読まなくていい本は、昔話や童話、寓話。
これなら、小さい頃に読み聴かせてもらった物語なわけだから、読み返す必要もないし、内容も概ねわかっているでしょう。

しかも、昔話や童話、寓話には、世の中を皮肉った内容のものや批評的な内容を含んだお話が少なくなく、読み解いていけば、社会的であったり、政治的であったり、哲学的であったり、道徳的であったりと中身が濃く深いものの方が多いのです。
なので、昔話や童話は読書感想文の題材として、実は非常に適している図書ではないかと僕は思っています。

特にイソップ物語などは、社会批判が込められている物語も多いので読書感想文も書きやすい寓話集ではないでしょうか。
※おなかをふくらませたきつね

イソップ物語は江戸時代に伊曾保物語【いそほものがたり】として翻訳され仮名草子にまでなっていて、誰でも一度は、読んだことや、聞かせてもらったことがある寓話集です。
物語の内容を覚えているお話しの多いので、読書(しない)感想文を書く図書としてお勧めです。

2.まとめ

どうでしょうか。

忙しくて本を読む時間が作れなかった子供たちには、読まなくてもいい題材で読書感想文をすすめてみても悪くはないと思うのは僕だけだろうか。

そう言えば僕は、小学校3年生の時に夏休み中に本を読むことができず、父親にすすめられて、百科事典の読書感想文を書いたことがありました。

もちろん、読書感想文という課題は、感想文を書かせるためではなく、夏休み中に本を読ませることが目的なのかも知れません。
でもその証拠として感想文の提出があり、その課題を出さないと何らかのデメリットが生じる場合は、やはり本を読むことよりも、読書感想文を書くということが重要になってしまうのでしょう。

であれば、読まなくてもいい本から読書感想文を書いてみるのも面白いのではないでしょうか。

 

コメント