日記ブログは稼ぐ目的で続けるより楽しむ目的で続けるべきだ。

プログ運営

本当に本当に日記ブログじゃ稼げないの?

決して稼げないという訳ではないと思いますが、僕自身の経験からすれば、日記ブログで稼ぐのは難しい。
というか「稼げませんでした」という結論です。

日記ブログを立ち上げて半年間記事を書き続けたその結果、僕の日記ブログに限っていえば、稼げないという結論に達しました。

日記ブログで稼げない理由

なぜ日記ブログでは稼げない?どうしたら日記ブログで稼げる?
実際に日記ブログで稼ぐことはできるの? 日記ブログを書いで稼ぎたい。 そう思ってブログを...

僕の日記ブログは、グーグルアドセンスの審査通過もままならず、やっぱりただの日記ブログじゃ稼げないという散々たる結果でした。
やはり稼ぐためには日記ブログから情報ブログへの移行をおすすめするしかありません。

 

日記ブログを情報ブログに移行するには?

では、日記ブログを情報ブログへ移行する方法を簡単に説明しましょう。
例えば、わたしが友人とどこかの観光地へ遊びに行ったとします。

 

今日は友人と某観光地へ行ってきました。
天気も良くて最高。この観光地はやたらカップルが多くて、行き交う人はカップルばかり。
散歩コースを男二人で歩く僕らは、下手したら怪しい関係に見られていた可能性も高い。やばい。変な誤解を受けても、相手が見知らぬ観光客では解きようがない。

この観光地の名物は三色団子。
友人と二人で川べりに座り込んで、”だんご三兄弟”を口ずさみながら食べる団子は、心なしかしょっぱい味がしたよ。

今度は絶対に彼女と一緒にきたいなと心の中で叫んだ僕だった。
あ、その前に彼女を見つけないと!

普通に日記ブログとして書けば、こんな感じになると思います。
これを情報ブログにするにはどうしたらいいでしょう?
日記ブログを情報ブログにするためには、この観光地ついて、どんな情報を閲覧者が求めているのかを考え記事を書いていく必要があります。
今の季節に最適。
カップルで遊びに行くおすすめの観光地はここ。
天気のいい日は、のんびり散歩コースで恋人と二人で一日ゆっくり過ごせますよ。残念ながら僕は男友達と行きましたが。

都心から高速を使って2時間弱。駐車場は1日200円。
電車を利用する場合は、最寄り駅からバスが便利。
バス停を降りると数分歩くだけで到着です。

名物の三色団子は2本も食べればお腹いっぱいになるくらいボリューム満点。
これで300円はとってもリーズナブルです。
団子と言えば、真っ先に思い浮かぶのは、”だんご三兄弟”ではないでしょうか?

男と二人きり。
だんご三兄弟を口ずさみながら食べた団子は、心なしか涙の味がした。

紅葉のシーズン彼や彼女と一緒に出掛けてみてはどうですか。

最後の”だんご三兄弟”は強引なこじつけですが、こんな感じで、この観光地に関する情報を入れ込むことで、日記ブログから情報ブログへ更新することが出来ます。
写真など視覚的な情報やおすすめの店、お土産などの情報を付け加えることも有益だと思います。
稼ごうと思うのなら、日記ブログのままでは無理だと思います。

 

それでも僕は日記ブログを書き続ける。

日記ブログではまず稼ぐことが出来ないことを思い知らされた僕ですが、それでもやっぱり書き続けているんですよ、日記ブログを。

稼げないとわかっていても、僕が日記ブログを書き続けるのは、なぜだと思いますか?

 

情報を集めたりまとめたりが出来ないから

出掛け先で情報を収集するために撮影したり、記録したり、そんな面倒なことを僕は性格的に出来ないんです。
たぶんブログで稼ごうと思ったらしっかりと情報を集める必要があるでしょう。
それを面倒くさがってやらない僕は、本当はブログで稼ぐという資格も素質もない人間なのかも知れません。

 

日記しか書けないから

僕だって書けるものなら情報ブログを書いてみたいですが、情報をまとめる能力やその根拠を説明する文章力が欠如しているので上手く書けないのです。
でも、日記なら情報もその根拠も必要なく、自分が思ったことや感じたことをただ書くことが出来ますよね。そんな手軽さを僕は求めてしまうのだと思います。

 

文章を書く練習にもなるし

これは言い訳です。
言い訳ですが、書きたいことを書くことで文章力が付いてくるのは間違いないことです。

 

そんなわけで、僕は日記ブログを書き続けています。
もちろん日記ブログで稼ぐなんてことはとっくに諦めてます。

日記ブログは日記ブログ、稼ぐためのブログは稼ぐためのブログと、割り切って運営していくのがいいのかなと考えたのです。
とはいっても稼ぐブログで稼げているわけでもありませんが。

でも、もし、このまま日記ブログを書き続けていれば、いつか僕の日記を面白いと思ってくれる奇特な方が現れるかも知れないじゃないですか。

例え一人でも僕の日記ブログを楽しんでくれる人がいれば、それだけでも、僕が日記ブログを書き続ける理由には十分だと思うんです。

楽しむための日記ブログでいいんじゃない。

実は俺はもう十数年前にも日記ブログを書いていたことがあって、そのときは2年半くらい続けていました。仕事が忙しくなりそのブログは閉鎖してしまいましたが、ちょうどその頃、ブログを書くのがブームになってきて、その頃の新社会人がこぞってブログを書き出したりしていたので、彼らは「ブログ世代」とか呼ばれてました。

ウェブ上には日記ブログが溢れてました。
若い世代が自分のことを、好きなように書き、自分自身の日常を発信していたんです。
日記ブログって原点はそこなのでしょう。

日記ブログで稼ぎたい。

そう思って日記ブログを再開しようと考えた僕ですが、ブログで稼ぐためには、多くのアクセスを集める必要があり、読んでくれる閲覧者に有益な情報を提供することが不可欠となってくるわけです。個人の日常生活の発信だけでは、閲覧者を呼び込むには限りがあります。

そのためには日記ブログではなく情報ブログへの変化がないといけないわけで、一個人や無名の一般人の日記ブログでは、その内容だけで収益を得られるほどのアクセスを集めることは不可能なのです。

日記ブログは自己満足なもの。
書き続けるのなら、自分が楽しむために続けていくものだと考えるべきなのです。

稼げなくてもいい。
書きたいときに書きたいことを書きたいように書けばいい。

日記ブログは自分が楽しむブログでいいと思うのは僕だけじゃないはず。

 

コメント